2017年8月1日

ロボットプログラミングタブレットの製造・提供を開始

ヒューマンアカデミー株式会社の児童向けロボットプログラミング教室を支援

各種ICT/IoTプロダクトの製造受託~サポートを展開する株式会社ジェネシスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡淳一、以下「ジェネシス」)は、ヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:新井孝高、以下「ヒューマンアカデミー」)が展開するロボット教室向け教材のタブレットPC『HA-001』の製造・提供を開始いたしました。

『HA-001』は、ヒューマンアカデミーが日本最大級の全国1,000教室以上で展開し、ものづくりの基礎から実践的・本格的なロボット工学までを一貫して学ぶ児童向けロボット教室に導入する7インチタブレット型PCで、新規に開講するプログラミングコースの核となり、未来のクリエイターを目指す子どもたちの学習を支援するための教材として、ジェネシスとヒューマンアカデミーが共同で設計・試作を行い、ジェネシスが中国広東省深圳市の同社工場で製造したものです。

ヒューマンアカデミーでは、本タブレットを活用した新しいカリキュラム「アドバンスプログラミングコース」を2017年9月より開講する予定で、受講する子どもたちは本タブレットを使用してプログラミングを行ないます。パソコンを使わないため、ご自宅でも手軽にプログラミングを学べる環境が整います。

ジェネシスは、本タブレットについて、ロボットの構造やプログラミングの学習ができるヒューマンアカデミーの専用アプリを工場出荷時にプリインストールを行い、筐体背面へロボット教室のロゴを追加したり、無線LAN機能をカットするなど、ヒューマンアカデミーのリクエストに応じて各種カスタマイズを実施しています。

また、ジェネシスは8月26日に東京大学・安田講堂で行われる第7回ロボット教室全国大会の協賛企業としても支援を行っております。

ジェネシスは、日本向け製品に特化した同社中国深圳工場でのフレキシブルな生産体制と、累計約250機種・50万台以上の日本向けスマートデバイスの生産実績をもとに、今回量産・出荷するタブレットPC『HA-001』のほか、様々なICT/IoTプロダクトのオリジナル製品・カスタマイズ製品の受託・製造を積極的に行っています。

*最終試作品


*作例ロボットイメージ

■ヒューマンアカデミー株式会社
【ロボット教室HP】 http://kids.athuman.com/robo/CI/

■HA-001の主な仕様

CPU
Cortex-A7 Quad Core 1.3GHz
OS
Android™ 5.1
メモリ/ストレージ
1GB / 8GB
ディスプレイ
7インチIPS液晶タッチパネルモニター
解像度:800 x 1280 静電容量式マルチタッチ
端子/スロット
micro USB端子、micro SDカード x 1(最大32GB対応)、
3.5mmヘッドフォン出力端子
カメラ
前面:30万画素 / 背面:200万画素
センサー
Gセンサー
無線LAN/ Bluetooth®
-
スピーカー
内蔵スピーカー 1W/8Ω x 1
電源
内蔵型リチウムポリマー充電池 2500mAh/3.7V
充電時間:約3.5時間(電源オフ/ACアダプター充電)
連続使用可能時間:約4時間 ※使用状況や環境により変化する場合があります。
サイズ
高さ約193.0mm x 幅約116.0mm x 厚さ約10.4mm ※突起部除く
質量
約247g


【お問い合わせ先】
➢ ヒューマンアカデミーロボット教室に関するお問い合わせ
ヒューマンアカデミー 広報担当 小林
E-mail ​: ha_info@athuman.com
➢ ICT/IoTプロダクトの製造受託に関するお問い合わせ
株式会社ジェネシスホールディングス ODMサービス部
​E-mail ​: info@jenesis.jp



お問い合わせ

ページ上部へ戻る