Interview事例インタビュー

企業が求める人材の育成から社会的ニーズの高い保育まで、幅広い教育サービスを提供しているヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区)は、キッズ・ジュニアスクール、児童教育&FC事業、学童保育事業、全日制専門教育スクール、カルチャースクール事業など800以上の講座・カレッジを展開しています。その中でも、子ども達に人気が高く国内最大規模で展開している「ヒューマンアカデミーロボット教室」で、JENESIS製品が使われています。

ロボット教室で活躍中!

JENESIS製タブレットPC

「ヒューマンアカデミーロボット教室」は、ロボットクリエイターの高橋智隆氏をアドバイザーに迎え、2009年6月にスタートしました。全都道府県に展開しており、教室数は1,400以上、在籍生徒数は2万2千人を超える日本最大規模のロボット教室です。5歳から中学生まで、「プライマリーコース」「ベーシックコース」「ミドルコース」「アドバンスコース」に分かれ、月に2回、90分/回の授業で毎月新しいロボットを組み立てて動かします。アドバンスコースでは2ヶ月で一体のロボットを製作します。ロボットが科学への興味の入り口となり、子どもたちが楽しみながらロボット製作に取り組むうちに、いつの間にか思考力なども身についているというプログラムです。AIやロボットの技術が10年前に比べるとかなり身近になってきました。学校や教育サービス業界でも「STEM(ステム)教育」(=Science, Technology, Engineering, Mathematics、科学技術・工学・数学分野の教育)が世界的に注目を集めています。そういった流れがロボット教室の人気を押し上げているのではないでしょうか。「プライマリーコース」「ベーシックコース」ではモーターひとつで様々な動きを実現させるのですが、「ミドルコース」と「アドバンスコース」では音センサーなどのセンサー類が追加され、タブレット上のアプリにてプログラミングを行い、自律的にロボットを動かします。つまり、「ベーシックコース」まではスイッチを入れたら100%の力でモーターが回転するだけだったものを、何秒間、どのくらいの速さで動かし、それをどのタイミングで逆回転させるかなどのプログラムを組むことによって、より複雑で面白い動きのロボットを作る事が出来るのです。プログラミングというと、複雑な文字入力が思い浮かびますが、視覚的なオブジェクトをつなげていくビジュアルプログラミングであれば、子ども達も簡単に取り組めます。ロボット教室アドバイザーの高橋智隆氏とヒューマンアカデミーが一緒に開発したこの専用アプリは、JENESISとヒューマンアカデミーが共同設計した7インチタブレット型PCにプリインストールされています。

「安心」と「安価」の両立を実現

子ども達が使うものなので「安心感」が第一で、さらに企業としては「安価なもの」を探さなければならないミッションがありました。 最初は、各社から製品として販売されている中から「安心」で「安価」なものを探していたのですが、信頼性の面や、一度に大量発注を求められるなど、なかなか条件に合う企業がありませんでした。JENESISのサイトを見つけ、日本のメーカーであり中国広東省深圳に工場がある事や、オーダーメイドでのカスタマイズ製造に対応してもらえる事がわかったので、すぐに問い合わせました。
細かな質問や相談に丁寧に答えて下さったので、安心してお任せできると確信し、お願いする事にしたのです。製造は海外でも日本の企業である事に「安心感」があり「信頼できる」ポイントでした。アプリの取捨選択などのカスタマイズにも柔軟に対応してくれましたし、破損防止で専用のカバーがほしいという要望にも丁寧に応えていただきました。カバーは表面に凹凸のある素材に、きれいにロゴを入れて欲しいというオーダーなど、細かい所にも配慮して作っていただきました。 こちらの要望に合わせて製品を用意してくださるのがとても良かったです。子ども達が使用する中で、画面を割ってしまったり、かけたパスワードを忘れてしまったりするという事が少なくありません。たとえ、ユーザー側の要因で不具合が起きたとしても、JENESISは様々な状況に迅速に対応してくれます。修理・サポートが、宮崎県の宮崎CSセンタ―で行われますので、サポート体制が日本国内にある事が安心感の面で大きなプラスでした。私たちは売り切りの販売会社ではなく、人が中心の学習サービスを提供する企業ですので、細かな配慮や提案があるJENESISに任せて良かったと思っています。

IT教育の良きパートナー

年に一回、東京大学・安田講堂で「ロボット教室全国大会」を行っています。大会はコンテスト形式で、課題をクリアしてゴールする速さを競う「テクニカルコンテスト部門」と、オリジナルロボットのアイデアと技術力を競う「アイデアコンテスト部門」の2部門があります。子ども達が試行錯誤を繰り返して作り上げた力作を披露するもので、第8回大会にはJENESISに協賛いただきました。国内から632名がエントリーしましたが、次回開催する大会には、中国や台湾、ベトナムなど海外の子どもも参加する予定です。ロボット教室は海外展開を進めており、海外にも教室があります。特に中国では、AIやプログラミングなどの先進的な教育が子ども達の習い事として人気があります。
※本インタビューの記載内容は、2019年6月現在のものです。製品の外観、仕様、サポート、サービス等は予告なく変更される場合があります。