代表プロフィール
代表取締役社長 藤岡 淳一

代表取締役社長 
藤岡 淳一

千代田工科芸術専門学校音響芸術科卒業。大手電機メーカーへ派遣技術者として就業後、デジタル機器ベンチャー企業の開発製造責任者として、主に台湾・中国に駐在し各種デジタル機器の開発・生産に従事。2007年にエグゼモード(株)を創業し代表取締役に就任。2011年に中国でJENESIS 香港・深圳法人を創業、さらに翌年には同日本法人(株)を創業。
現在は同法人の深圳工場で法人・ベンチャー企業向けのIoTデバイスの製造受託に日々腕を振るう。

代表挨拶

当社グループは2011年に香港・中国で創業し、ファブレス(工場を所有せず製造業としての活動を行う企業を指す)による電子デバイスの生産受託で実績を重ねてきました。
しかし近年、電子機器の集積地である広東省でもEMS(電子機器製造受託サービス)企業がどんどん巨大化し、また小規模のEMSは淘汰が進む中、日本からの高要求案件や小ロットでの製造案件が敬遠されるようなり、2013年以降は深圳地区に自社生産拠点を配備し、継続して日本のお客様からの電子デバイス機器の製造を行ってまいりました。

現在の当社中国・深圳工場は1,500平米の敷地に、日本向けICT・IoTデバイス専用工場として、お客様からの厳しい要求にも順応できる生産ラインと、関連した設備と環境を整えており、ISO9001も取得しております。
徹底した材料の受け入れ検査から始まり、キメ細かいアッセンブリ―を経て、十分なエイジングをした後に専門の品質検査員による全数検査を行う等、中華部品・材料の持つ独特の不良混在問題や特有のバラつきを徹底的に排除し、ダイレクトにお客様へと納品致します。
また、納品後のサポート体制も万全にするために、宮崎県内にCSセンターを設置し、電話によるカスタマーサポート、デバイスの修理対応、また納品後のアップグレードも行えるキッティングラインも配備し、精密機器特有のハードウェア・ソフトウェアの問題を切り分けし迅速なサービスを行う事で、お客様先でのサービスの対応もお約束をさせていただいております。

当社の強みは中国で調達が可能な比較的安価なICT・IoTデバイスを応用し、自社生産拠点でキメ細かい製造をする事です。その中で、お客様先での様々なサービスを実現する為にハードウェアの提供と言う形で貢献してまいります。

今後とも皆様のご支援をお願い申し上げます。

株式会社ジェネシスホールディング 代表取締役社長
創世訊聯科技(深圳)有限公司 董事總經理
藤岡 淳一

ページ上部へ戻る